矯正歯科

矯正歯科について

矯正歯科について当院の矯正歯科では、通常のワイヤー矯正(歯の表面にブラケットを付けワイヤーを通すことで力を掛け歯を少しずつ動かす)をはじめ、ブラケットを裏側につけて歯の矯正を目立たなくしたり、矯正で使用するゴムをカラフルにしたりするなどの工夫もできますので、お気軽にご相談ください。

また、歯科矯正についての無料相談も行っています。矯正歯科専門医が対応しますので、施術の詳しい内容を教えて欲しい、不安や費用面などを聞きたいなど、いろんな質問や疑問点にお答えします。

矯正歯科について

お子様の矯正歯科

小児の矯正治療は、乳歯と永久歯が混在している時期より行うことが可能です。成人になってからも矯正治療は当然可能ですが、この時期からの矯正を行うと、顎の骨がまだ軟らかいこともあり、ある程度顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことができます。

そのため理想的な治療ができやすいという利点があります。様々な不正咬合でお悩みの方でも、以下のような歯並びにすることが可能です。

お子様の矯正歯科

大人の矯正歯科

大人の矯正歯科は、全ての歯が永久歯になった状態から行う矯正治療です。治療は主に矯正専門医が担当しますが、矯正治療を行っていることがわかりにくい透明や白い装置などによる施術も行いますので、お気軽にご相談ください。

大人の矯正歯科

噛み合わせと全身機能

噛み合わせと全身機能きちんと上下の歯が噛み合っていないとしっかりと食べ物を噛むことが出来ず、胃腸に大きな負担をかけてしまいます。

歯列の乱れ(不正咬合)は顎やお顔の成長、発音にも悪い影響を与え、更には顎の関節や筋肉にも悪影響を与えてしまうことがあります。また、頭痛や肩こりを引き起こし、姿勢が悪くなる原因にもなります。

矯正治療を行って歯並びを整えることは、噛むという機能の改善や虫歯・歯肉炎・歯周病を予防することが出来るだけでなく、全身の機能を向上させることにも繋がるのです。

当院の矯正歯科治療

矯正認定医が治療を行います

矯正認定医当院では矯正認定医が治療を行っており、専門性の高い矯正治療のご提供が可能です。

矯正治療中は矯正装置に食べ物が詰まってしまったり、患者様ご自身でのケアが難しかったりするため、虫歯リスクが高まります。

当院では一般歯科治療も行うことが出来ますので、しっかりとケアを行いながらお口の中の状態を健康に保つことが出来ます。

目立たない矯正装置

目立たない矯正、インビザラインとは

インビザライン

取り外し可能な透明で目立たない矯正装置を使って行う矯正治療がインビザラインです。

インビザラインは1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社によって開発され、これまで400万人以上もの方がインビザラインを用いた矯正治療を行っています。

このような方におススメ
  • 人前に出るお仕事など、仕事柄見た目が気になるため矯正治療を受けられずにいた
  • 周囲に矯正治療を行っていることを知られたくない
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 結婚式など、大切なイベントの時に矯正装置をつけていたくない

インビザラインのメリットや特徴

1目立たずに歯科矯正が出来る

目立たずに矯正可能透明なマウスピースの矯正装置で矯正を行うインビザラインは、目立たないため周囲から気付かれにくいというメリットがあります。

金属製のワイヤー装置とは異なり、じっとお口元を見なければマウスピースを装着しているとわからないため、営業や接客のお仕事など、人前に出る職業の方も人目を気にせず快適に治療を行うことが出来ます。

2治療を始める前に治療終了までの動きの確認が可能

治療を始める前に治療終了までの動きの確認が可能インビザラインでは独自のシミュレーションシステム「クリンチェックシステム」を使用します。

これによって、治療を始める前に治療開始〜治療終了までの歯の動きを3D画像で患者様にご確認いただくことが出来ます。

矯正治療を行うことで自分の歯が実際どのようにして動いていき、最終的にどんな歯並びとなるのか、治療を始める前からわかるため安心して治療を始められます。

3患者様一人ひとりにぴったりのオーダーメイド

患者様一人ひとりにぴったりのオーダーメイド専門の技工士が専門の工場で、精密検査のデータと患者様の治療計画に基づいてマウスピース作製を行います。

4カリエスリスクの低減

カリエスリスクの低減ワイヤー矯正などには、食事をした時に食べ物が装置に絡んだり詰まったり、歯磨きなど毎日のケアが行いにくいというデメリットがあります。

インビザラインの場合、取り外し可能なマウスピース型の装置のため、歯磨きの際には取り外して矯正前と同じように歯のお手入れを行うことが出来ます。そのため、虫歯や歯周病になるリスクが少なくなります。

5金属アレルギーを引き起こす心配がない

金属アレルギーを引き起こす心配がない金属製の矯正装置や銀歯などの場合、お口の中に装着した金属が溶け出すことによって金属アレルギーを発症してしまうことがあります。

インビザラインのマウスピースは金属を使わず透明な樹脂で作られているため、金属アレルギーを引き起こしてしまう心配がありません。

6痛みが出にくい

痛みが出にくいワイヤー矯正と比較すると歯にかかる負担の少ないインビザラインは痛みが少ないとされています

インビザラインのデメリットや注意点

1装着時間を自己管理する必要がある

装着時間を自己管理する必要がある取り外し可能な矯正装置を用いるインビザラインは、患者様ご自身で管理していただき、装着期間や装着時間を守ることが重要です。そうしないと、治療が当初の計画通りに進まなくなってしまいます。

最悪の場合、マウスピースがはまらなくなってしまい、最初から治療になるということもあるためしっかり自己管理を行いましょう。

2骨格自体のずれは改善が難しい

骨格自体のずれは改善が難しい骨格そのものが左右や前後にずれているというケースでは、効果をあまり発揮出来ません。

その他の矯正装置

メタル矯正装置

メタル矯正装置基本的な矯正装置で、全体的な矯正治療に使用します。

ブラケットという歯の表面に付ける金属の装置にワイヤー(矯正線)を装着し、月に1回ほどワイヤーを調節することで徐々に歯を動かしていきます。

カラフルな矯正装置

カラフルな矯正装置ご自身の好きな色なの中からお好きなカラーの装置をお選びいただくことが出来ます。

ファッションや季節に合わせて装置のカラーを変えるというのもオススメです。

裏側矯正装置

裏側矯正装置歯の表面ではなく裏側に矯正装置を付ける方法です。周囲の人に気付かれることなく歯並びを整えることが可能です。

以前は製品の精度、歯科医師や矯正技工士の持つ技術、治療期間、仕上がり、ワイヤーの特性など問題点もありましたが、現在ではそれらも改善されたため、安心して治療を受けていただくことが出来ます。

子どもの矯正

子どもの矯正の目的

子どもの矯正の目的お子様の矯正治療の目的には、下記のようなものがあります。

  • 顎の成長バランスを整える
  • 歯並びの問題につながるようなお口の悪い癖を直す
  • 乳歯から永久歯の生え変わりの際の問題発生を予防する

子どもの矯正治療を開始するタイミング

親子お子様が矯正治療を始めるタイミングとしては、一般的には7歳〜9歳という永久歯の前歯と奥歯が生えてくる時期が目安であるとされています。

ただし、これはあくまでも一般論であり、実際はお子様一人ひとりで歯や骨の成長は異なっています。だからこそ、最適な矯正開始のタイミングの見極めは歯科医師にお任せください。

成長過程でのアンバランスが生じ始める頃に適切な対策を行うためにも、一度是非当院までお越しください。

1期治療と2期治療について

1期治療と2期治療について子どもの矯正は1期治療と2期治療の2段階で行われます。1期治療は成長期の乳歯から永久歯に生え変わる時期に治療を行い、2期治療は永久歯が生え揃ってから行います。

お子様一人ひとりに最も相応しいと考えられる歯並びを作ること、そしてお子様の身体にかかる負担を最小限にすること。当院ではこれを大切にしながら治療を行っております。

1期治療

顎の骨のずれを改善し、スペースを確保してこれから生えてくる永久歯がきれいに生え揃うようにします。

2期治療

1期治療終了後も場合によっては上下の噛み合わせが悪かったり、歯が回転して生えていたり、歯並びがデコボコしているという事があります。このようなケースの場合やブラケットやワイヤーを使用した矯正治療を行っていきます。

 

一番上に戻る
TEL:043-308-8802 Web予約
  • 小林歯科医院
  • 蘇我こども・おとな歯科医院
  • JR西日暮里・改札口歯科
  • オーバルコート歯科室