障がい者歯科

障がい者歯科について

障がい者歯科について

当院の院長は長年障がいをお持ちの患者様の治療を行ってきました。身体に障がいをお持ちの方も安心して歯科治療を受けることが出来るよう、今までに積み重ねてきた豊富な経験・知識・ノウハウを最大限活かし、体制を整えております。

その他にも、事情があり近隣の歯科医院に行きづらいという方は当院までご相談ください。

当院の障がい者歯科治療

まずは慣れるためのトレーニング

まずは慣れるためのトレーニング障がい者歯科では、まずは歯科治療に慣れるためのトレーニングから始めます。患者様ご本人やお付添の方に障害の状態、種類、注意事項など大切なことをお伺いし、それをもとにして適切な治療法を選び、治療計画を立てた上で検診やクリーニング、歯科治療などを実際に行っていきます。

麻酔を使ったリラックス方法「静脈内鎮静法」なども必要に応じて併用しながら治療を行うこともあります。

心筋梗塞、糖尿病、脳梗塞後遺症、不整脈、高血圧など全身状態の合併症をお持ちのご高齢の患者様の場合、治療を行う前に通院されている医療機関との連携を行い、全身の状態に気を配りながら歯科治療をスムーズに行うことが出来るような治療計画の立案を行います。

絵カード

自閉症の方などには、視覚からの情報伝達が優位と言われておりますので、言葉かけに合わせて絵カードを利用した説明をすることで、治療が円滑に進むことが考えられます。

 

TSD法

TSD法TSD法は「Tell(言葉での説明)、Show(見せる)、Do(動かす)」という意味で、歯科治療に使う器具を言葉で説明するだけでなく、実際に見てもらったり、動かしたりすることで不安感を払拭するという方法です。

AED(自動体外式除細動器)の導入

当院では、不慮に起きるとされる心臓病の発作にも速やかに対応できるよう、AED(自動体外式除細動器)を備えています。

AEDは心室細動になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器ですが、心臓の動きを自動解析するので、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みとなっています。

AED(自動体外式除細動器)の導入
また、歯科治療中の患者さんに不意に起こる全身状態の悪化につきましても、近隣の医療機関(病院など)との連携体制を整えております。万一のことについても速やかなサポート体制を構築していますので、安心して治療に専念していただくことができます。

保護者・付き添いの方へ

障がいをお持ちの方への歯科治療は一般歯科とは、治療の進め方も、進み具合も異なります。

歯科医院選びに迷っていらっしゃる保護者の方やお付き添いの方は、初回は相談だけでも構いませんので、まずは治療について一度ご相談ください。また、障がい者歯科を受診される際には下記の書類をご用意の上、ご来院ください。

  • 医療保険証
  • 医療証などの公費負担証明書
  • 障がい者手帳(身体・療育・精神)
  • 紹介状(お持ちの場合)
  • その他(母子手帳や服用している薬剤の一覧など)
一番上に戻る
TEL:043-308-8802 Web予約
  • 小林歯科医院
  • 蘇我こども・おとな歯科医院
  • JR西日暮里・改札口歯科
  • オーバルコート歯科室